糖尿病の治療

糖尿病と音響免疫療法その1

みなさんは、中華医学というものをご存知でしょうか。
中華医学は、糖尿病や高血圧、高肥満などの病気において、薬を使わず治療していきます。
中華医学の中で、音響免疫療法と言うものがあります。
人間の体は、冷えてくると筋肉を震わて、自ら発熱させ、温めるメカニズムを持っています。
これを応用して、網構造体で音楽の響きによって、体を震わせます。
これによって、体温を37.2から38度に発熱させます。
結果、血液が温められ、サラサラにしてくれて、血流を良くします。
このような流れで行われる音響免疫療法は、簡単に言えば、音楽の響きで体を震わせて、血液を温めて、体を健康にすると言う薬不要の治療方法なのです。
血液と血管を震わせると、血液に含まれている赤血球の磁力に作用させて、血管内皮細胞が活性化します。
そして、血液がきれいになり、血管も若返らせ、これによって、糖尿病や高血圧、高肥満を改善していきます。
血液中のヘモグロビンは、鉄イオンを含んでいますので、酸素や二酸化炭素、ブドウ糖と結合します。
ヘモグロビンの鉄イオンは、通常、細胞に酸素を供給していますので、酸化還元機能もアップします。
血液の中でどのようなことが起きているのかと言いますと、血液中のブドウ糖と、ヘモグロビンが結合し、グリコヘモグロビンになります。
そもそも、糖尿病は、血液中にある余分なブドウ糖と、ヘモグロビンが結合してしまうことで、高血糖状態になることが原因となっています。

 糖尿病と音響免疫療法その1 

デジタルパーマ  結婚式の挨拶  恋人募集  還暦祝い  ダイエット野菜スープ  発酵黒にんにくマカの効能  楊名時太極拳  国際電話の掛け方  ユーキャン  デニムダンガリー  戸隠蕎麦  善光寺蕎麦
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi